お知らせとレポート

58基目のそらべあ発電所が完成 ~大阪府四条畷市 なわてすみれ園~

3月22日、大阪府四条畷(しじょうなわて)市にある「社会福祉法人北出福祉会 なわてすみれ園」に58基目の太陽光発電設備「そらべあ発電所」が完成し、その記念式典が行われました。
syugo.jpg
四条畷市は大阪府の北河内地域にあり、面積の約3分の2が北生駒山地で占められている緑豊かな街。JR四条畷駅から約2kmの場所にある「なわてすみれ園」は園舎を新しく建て直し、2015年4月に開園した認可保育園です。
1.png
園に入ると、まず目に飛び込んできたのは、園児たちが塗ってくれた「そらべあ」のぬり絵。
カラフルな「そらべあ」たちがあたたかく出迎えてくれました。
2.png
園舎の屋根に設置された12枚の太陽光パネル。日当たりのよい場所なのでたくさん電気を作ってくれそうです。
3.png
今回の「そらべあ発電所」は、ソニー損害保険株式会社様の協賛のもと寄贈されました。
式典には「なわてすみれ園」に通う5歳児22名と先生方、理事、そして、四条畷市の市長さんと職員の方々も出席。また、テレビ局や新聞社などマスコミ各社も集まってくれました。
4.png
式典が始まり、子どもたちから「そらーっ」「べあーっ」の元気なかけ声の後に、ホッキョクグマの兄弟「そら」と「べあ」が登場。子どもたちも大喜びです。
続いて、そらべあ基金理事の大島から、「そら」と「べあ」がどうして泣いているかのお話がありました。次に、全国最年少28歳で市長になられた東(あずま)修平様が、お祝いの言葉と環境の大切さを優しくお話してくれました。
名称未設定 2.jpg
ここからは環境学習がスタート。先生による紙芝居の読み聞かせでは、地球温暖化のせいで北極の氷がとけてしまい、お母さんと離れ離れになってしまった「そら」と「べあ」の物語を、子どもたちが真剣なまなざしで聞いていました。「そらべあ」の涙の理由がわかったかな?
4.jpg
東市長と一緒に、子どもたちが手回し発電機で電気を作る実験にチャレンジ。ちょっぴり疲れたけど楽しいね。
名称未設定 31.jpg
続いて、今回の協賛企業であるソニー損害保険株式会社・経営企画部広報課の小原様がご挨拶。
ohara.jpg
上農理事に記念プレートが贈呈されました。
nou.jpg
そらべあ基金理事の大島からは上農理事にホームエネルギーサーバーを贈呈。
「そら」と「べあ」からは、園児の代表にそらべあ絵本がプレゼントされました。
enji.jpg
続いて、園児たちが手話を交えた合唱を披露。元気よくお礼の気持ちを伝えてくれました。
uta.jpg
最後に中山園長がご挨拶。
「そらとべあがまたお母さんに会えるよう、物を大切にして、電気の無駄使いはやめようね」と園児たちとお約束をしました。
enntyou.jpg
式典の後は、子どもたちと「そらべあ」のふれあいタイム。みんな「そら」と「べあ」が大好きです。
sora.jpg
式典中はお昼寝の時間だった年少さんたちが起きてきて、「そらべあ」兄弟の訪問にびっくりするひと幕もありました。
bea.jpg
当日は晴天だったので発電量も上々でした。
ga.jpg
この日、寄贈された記念プレート、絵本、ホームエネルギーサーバーの品々。
zoutei.jpg
「なわてすみれ園」のみなさま、東市長、関係者のみなさま、ご参加ありがとうございました。