そらべあとは?

トップ > そらべあとは? > そらべあストーリー

そらべあストーリー

遠い遠い氷の国、
お母さんとはぐれてしまったホッキョクグマの兄弟がいます。
名前は「そら」と「べあ」。

ホッキョクグマの兄弟「そら」と「べあ」はとても悲しいのです。

地球が少しずつ暖まってきたことで氷の大地が裂け、
いつも一緒にいた大好きなお母さんと
離ればなれになってしまったのです。
もう、お母さんの姿はどこにも見つかりません。

泣きやまない弟「そら」を前に、「べあ」は決意しました。
行く手にどんな厳しい環境が待ちかまえていようとも、
必ずお母さんを見つけ出そうと。

でも「べあ」は気づいていました。
地球が温まって氷の大地がとけていくのは、
自分たちだけの力ではどうにも止められないことを...。

地球温暖化を防ぐためには、一人の力だけではどうにもなりません。
地球に住む、すべての人の理解と協力が必要です。

「そらべあ」の物語はあくまでも寓話ですが、
現在、地球上のいたる所で、さまざまな動物たちが
自然環境の急変で大きな影響を受けています。
もしかすると「そら」と「べあ」のような動物が本当に涙を流しているかもしれません。

彼らの涙を止められるかどうか、それは私たち人間の将来をも左右する問題です。
「そら」と「べあ」が勇気を出して旅立つ決意をしたように、
私たちも地球環境を考えた新しい一歩を踏み出す時がやってきているのです。