お知らせ

トップ > お知らせ > スマイルプロジェクト > 太陽光発電設備を寄贈する「第20回そらべあスマイルプロジェクト~ご当地版・被災地支援編~」の募集を開始

お知らせ

2012.08.23 スマイルプロジェクト

太陽光発電設備を寄贈する「第20回そらべあスマイルプロジェクト~ご当地版・被災地支援編~」の募集を開始

シチズン時計株式会社のご協賛をいただき、第20回目を実施しました。
第20回当選園
岩手県岩手郡 元村保育園

=======

NPO法人そらべあ基金(代表理事・市瀬慎太郎)は2012年8月23日より、シチズン時計株式会社様の協賛のもと、東日本大震災で被災した地域の中で特に被害の大きかった3県(岩手、宮城、福島)の幼稚園・保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する「第20回そらべあスマイルプロジェクト~ご当地版・被災地支援編~」(※1)の募集を開始します。

そらべあスマイルプロジェクトは、そらべあ基金の主な活動である「再生可能エネルギーの普及・啓発」に向けた実践的な取り組みのひとつです。2008年から始まり、これまでに日本全国の幼稚園・保育園から選ばれた合計31園に「そらべあ発電所」を寄贈しています。

第20回目となる今回は、シチズン時計株式会社の協賛により、シチズン エコ・ドライブ商品の売上金の一部から寄付金を拠出いただき、1基の太陽光発電設備と蓄電池1台を寄贈します。
※そらべあ×シチズン

そらべあ基金はこれからも、より多くの子どもたちに環境の大切さを学んでもらえるよう努めると共に、CO2の排出を抑制する再生可能エネルギーの創出・普及を目指してまいります。

----------------------------------------------------------
第20回 そらべあスマイルプロジェクト募集要項
----------------------------------------------------------

募集期間: 2012年8月23日(木) - 9月10日(月)
募集は終了しています。

寄贈先: 岩手県、宮城県、福島県

応募資格:小学校就学以前の児童向け教育・保育施設であれば、公立・私立などは問いません。ただし、太陽光発電設備の設置場所を独自に確保できない集合住宅内施設などには対応できないことがあります。

応募方法:「そらべあスマイルプロジェクト応募申込書一式(エクセルデータ)」に必要事項を記入し、必要資料を添付のうえ、そらべあ基金事務局のアドレス(info@solarbear.jp)までメールでお送り下さい。 ※書類は9月10日(月)必着でお願いします。

協賛:シチズン時計株式会社
寄贈数:1基

<寄贈予定機器について>
・パワーコムソーラー製(メーカー保証期間:10年間) 最大出力3kW相当品(設置環境により変更あり)
ソニー製ホームエネルギーサーバー(蓄電池)

取り付けに必要な工事費等は、特別な場合(設置場所の補強等)をのぞき、すべて無償です。

なお、設置後の設備維持については実費をご負担ください。太陽光発電設備は基本的にメンテナンス不要ですが、メーカー販売契約店による4年に1回の有料点検(約2時間、点検費用約20,000円、長距離の場合交通費別)が推奨されています。

<選考の判断基準となる書類について>
応募は以下の書類をメールにてお送り下さい。

1. そらべあスマイルプロジェクト応募申込書

2. そらべあスマイルプロジェクト応募申込書別紙

3. 園の入園案内などのパンフレットデータ、または園サイトのURL

4. 園の屋根の状態がわかる写真 1枚以上(写真の形式はサンプルを参照してください / PDF書類:900KB)

5. 設置予定園で使用している電気料金を支払った際に発行される電力会社からの領収書に書かれている「契約種別」  (電力契約タイプを確認するために利用させていただきますので、直近の領収書をご確認下さい。)

6. 設置建屋の築年数(屋根のリフォームなどを行われたことがある場合は、その内容をご記載下さい)

7. スマイルネットワーク会員のお知らせ(任意提出です)

上の1 - 7の応募申込書一式のデータはこちらから取得して下さい【エクセル書類
(デジタルデータについてご不明な点がありましたら当基金までご連絡を下さい)

※選考基準は、幼稚園・保育園でのエコ活動や環境教育活動の実績、今後の環境教育への意欲などを書類選考した後、実際に太陽光発電設備を設置できるかどうか実地検証した上で確定します。不足書類がある場合は選定から外れますのでご提出の前に必ずご確認下さい。

<ご提出方法について>
info@solarbear.jp宛に、メールにて提出される際に以下の情報を最初に記入し、応募申込書一式(エクセルデータ)を添付してください。

メールの件名に「第20回スマイルプロジェクト 書類提出」と記載し、
本文に以下の「○○○○」部分に貴園の情報を記入してください。
--------------------------------------------------------
NPO法人そらべあ基金 スマイルプロジェクト係 宛
貴園名○○○○ 住所 ○○○○○○○○ 担当者氏名○○○○
スマイルプロジェクトに参加します。

--------------------------------------------------------

<寄贈条件>
太陽光発電設備を寄贈するにあたっては、以下の条件に当てはまることが必須となります。条件に該当するかどうかを必ずご確認ください。

□太陽光発電設備の設置に関する条件
太陽光電池モジュールが既に設置されていない
・太陽光電池モジュール設置予定の屋根の大きさが55平方メートル相当以上である
(995mm×1474mmのパネルを約14枚設置できる大きさ)
・太陽光電池モジュール設置予定の屋根は瓦4寸以上、スレート材3寸以上の勾配がついている、もしくはRC造スラブ厚150㎜以上あるかルーフボルト式折板の平面式屋根である
・積雪が120cm以下の地域である
・海岸線より500m以上離れている
・標高が1,000mを超えていな
・日中、長時間にわたり屋根を覆う建物、森林がない
・園の電力契約が「従量電灯」または「低圧電力」タイプである

□その他条件
・子どもたちといっしょに環境について学ぶ意欲がある
・寄贈される太陽光発電関連機材を固定資産として受け入れられる
・寄贈される太陽光発電関連機材を最低でも15年間継続して使用し、その期間は他者に譲渡しない
・寄贈される太陽光発電関連機材の稼働を維持するのに必要な経費を自己負担できる
・そらべあ基金から送付される各種情報(メールニュースなど)の受け取りを了承する
・寄贈した太陽発電施設など、園の写真を提供できる(写真は、そらべあ基金Webサイトに寄贈報告として掲載いたします)

なお以下の条件は、とくに太陽光発電設備を設置するための望ましい条件です。
・屋根の向きが南方である
・屋根の面積が広い

<実施スケジュール>
選考結果の最終発表:2012年10月予定

寄贈予定:2012年11月予定
※現地調査などによって太陽光発電設備の設置期間が異なります。

<報道媒体向けプレスリリース>
テキスト
図解付きPDF